So-net無料ブログ作成
検索選択

雑記帳 松阪牛VS輸入肉 香り豊かなのは?(毎日新聞)

 和牛と輸入肉の香りを比べる会が23日、三重県松阪市であった。松阪牛協議会の畜産農家の約60人が松阪肉と豪州産輸入肉を食べ比べ、松阪肉に独特の香りがあることを確認した。

 同協議会から肉の分析を引き受けている日本獣医生命科学大(東京都武蔵野市)の松石昌典教授が「和牛には甘くて脂っぽいコクのある香りがあり、肉のうまさを引き立てる」と説明。その後、塩味だけのしゃぶしゃぶで香りを実感した。

 比べた結果、輸入肉はほとんど香りがなかったという。和牛最高峰に君臨する松阪肉。生産者によると「たっぷりと注ぐ愛情」が香りのもと。【橋本明】

【関連ニュース
矢口真里:「棚からぼた餅」と興奮 「しゃぶしゃぶ温野菜」六本木店をプロデュース
食卓の一品:豚肉と水菜のショウガ鍋
ダイニングがむしゃら /滋賀

警視庁職員を逮捕=女性教諭に痴漢容疑−千葉県警(時事通信)
<職業訓練>実施率が最低に 不況で資金不足(毎日新聞)
<イチゴ狩り>甘い香りに誘われて…愛知・豊田(毎日新聞)
出馬辞退の前田日明氏「話が違う」民主党に激怒(スポーツ報知)
普天間移設問題で首相は「県外あきらめない」 福島氏は「県内」容認示唆(産経新聞)

指示通り服用「非難できない」=抗うつ剤で心神耗弱認める−強盗殺人未遂・さいたま(時事通信)

 埼玉県坂戸市で同じコンビニに2回押し入り店長らにけがを負わせたとして、強盗殺人未遂罪に問われた水野満被告(40)の裁判員裁判で、さいたま地裁(田村真裁判長)は19日、抗うつ剤の副作用による心神耗弱を認めて減刑し、懲役8年6月(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。
 判決は、被告は医師の指示に従って抗うつ剤を服用しており、「過大評価はできないが、被告だけを厳しく非難できない側面がある」とした。
 被告の弁護人によると、医師の処方通り服用した抗うつ剤の副作用で心神耗弱を認めた判決は例がないという。 

財政健全化法案「有力な考え」=与野党で議論必要−仙谷国家戦略相(時事通信)
日米密約 衆院委で参考人質疑「重要文書引き継いだ」(毎日新聞)
<野焼き>燃え広がった火でボランティア3人死亡 静岡(毎日新聞)
強風 足場が倒壊、けが人はなし 京都の阪神高速建設現場(毎日新聞)
<雑記帳>「可愛い」…ペンギンが氷上散歩(毎日新聞)

<裁判員裁判>強盗殺人、求刑通り無期判決 水戸地裁(毎日新聞)

 09年8月に茨城県那珂市の不動産会社社長、石川光枝さん(当時59歳)を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われた福島県いわき市、無職、佐藤文彦被告(49)の裁判員裁判で、水戸地裁は19日、求刑通り無期懲役を言い渡した。判決には、仮釈放について「慎重な運用を求める」との付帯意見が付いた。被害者感情を重視した裁判員の意向が反映されたとみられ、事実上の終身刑を促したものといえる。

 河村潤治裁判長は判決理由で「市民感覚に照らせば死刑も十分考えられるが、遺族に謝罪しており、更生可能性が皆無とは言い切れない」と述べた。判決後、記者会見した50代の男性裁判員は付帯意見に重きを置いて評議したことを明らかにした上で、「終身刑に近い無期懲役。限りなく出てこられないような刑と判断した」と述べた。

 判決によると、佐藤被告は09年8月10日、いわき市内の車中で石川さんを脅して現金などの入ったバッグを奪い、ナイフで多数回突き刺して殺害し、キャッシュカードで現金計165万円を引き出した。【杣谷健太】

【関連ニュース
裁判員裁判:集団強姦罪の男に無期懲役 地裁立川支部判決
裁判員裁判:女性刺殺の被告に懲役15年 静岡地裁判決
裁判員裁判:強盗致死2被告に懲役23年 東京地裁判決
裁判員裁判:新潟地裁で開始 全国で最も遅く
裁判員裁判:「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張

<国際協力銀行>先進国にも業務拡大 高速鉄道で意見募集(毎日新聞)
経産省に「韓国室」=EPA交渉、企業リサーチも(時事通信)
<ネット違法情報>削除せぬ管理者、刑事責任追及へ…警察庁(毎日新聞)
<鳩山首相>パラリンピック金メダリストにおわび(毎日新聞)
清水一行さん死去=「動脈列島」など経済小説(時事通信)

夫婦別姓法案「提出認めぬ」=亀井氏(時事通信)

 国民新党の亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)は20日、都内で開かれた選択的夫婦別姓に反対する集会で、別姓導入のための民法改正案について、鳩山由紀夫首相から「国会に出すだけでいい」と協力を求められたことを明らかにした。その上で、亀井氏は「これに同調したら衆参とも可決で成立する。国民新党は方針を変えるつもりは全然ない」と、提出は容認できないとの考えを強調した。 

アフリカ投資かたる2社、実名を公表(読売新聞)
<将棋>久保棋王勝ち最終局へ 棋王戦第4局(毎日新聞)
パトカーが信号無視=衝突、2人にけが負わす−神奈川県警(時事通信)
<センバツ>初舞台、笑顔絶やさず 21世紀枠・山形中央(毎日新聞)
陸自の商標権を侵害?埼玉県県警が採用ポスター回収(産経新聞)

<奈良公園>矢の刺さったシカ死ぬ(毎日新聞)

 奈良市の奈良公園で13日にボーガン(洋弓)の矢が刺さった状態で見つかった雌ジカが、同公園内の保護施設「鹿苑(ろくえん)」で死んでいるのを「奈良の鹿(しか)愛護会」の職員が15日朝、発見した。獣医によると、矢が左腹部から刺さり、肺が傷ついて気胸になっていたという。

 矢は職員が13日に抜いて獣医が14日に縫合手術をした。手術後は鹿苑で眠っていたが、15日午前8時半ごろ、出勤した職員が死んでいるのを確認した。同会によると、03年と08年に矢などが刺さったシカが見つかっているが、死ぬのは初めて。

 同会総務課の福本千春さん(28)は「シカと人との信頼関係がこわれてしまう。絶対にやめてほしい」と話している。県警奈良署が文化財保護法違反(天然記念物の棄損)容疑で捜査している。【泉谷由梨子】

【関連ニュース
【矢が刺さったシカの写真入り】奈良公園:雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷
雑記帳:エゾシカ、列車に追われてトンネルに
雑記帳:エゾシカ使った新メニューで目黒選手を応援
文化財保護法違反:シカにボーガンの矢 腹部に深さ24センチ、大けが−−奈良公園
富山市ファミリーパーク:シカとライチョウ、仲間入り /富山

<「日勤教育」訴訟>JR西の上告棄却 賠償命令が確定(毎日新聞)
鳩山首相「物質の本質はゆらぎ」 ゆらぐ政治姿勢を正当化?(産経新聞)
特養整備、大都市中心に多床室に「舵切りつつある」―厚労省課長が認識(医療介護CBニュース)
戦争風化 まだ早い 「孫たちへの証言」応募減少 (産経新聞)
7人焼死火災、グループホーム運営会社など捜索(読売新聞)

衆参4月補選はなし=民主・小林氏の進退先送り(時事通信)

京大、授業料免除5300人に拡大 独自予算「安心し勉強を」(産経新聞)

 京都大学は10日、学費の納付が困難な成績優秀な学生を対象に授業料を免除したり、半額にする制度について、平成22年度から大学側の予算を計7千万円増加し、前後期合わせて半額免除者を約700人増やすと発表した。制度を受けられる学生は、計約5300人となる。

 制度は、全大学生・院生を対象に毎年、実施。一定の学業基準を満たしていれば申し込むことができる。

 これまで、国から支給される運営費交付金と、京大が授業料収入などから独自に捻出(ねんしゅつ)する3千万円で制度を運営してきた。申し込んできた学生について、大学側がそれぞれの家庭の収入状態を考慮した上で、全額か半額免除かを決定する。しかし、毎年、予算が足らずに、数百人の学生がどちらの免除も受けられない状況となることが問題視されてきた。

 21年度は前後期合わせて約4600人(全額免除約800人・半額免除約3800人)が制度を受けられたが、約300人の申請者が受けられなかった。

 22年度は、運営費交付金が約7億2千万円になる予定。大学からの予算計1億円と合わせることで、半額免除を受けることのできる人数が昨年に比べて約700人増加する。京大は「不景気の影響で授業料が払えなくなる学生が増加しているのは深刻。安心して勉強できる充実した支援を行いたい」としている。

【関連記事】
高校無償化の問い合わせ目立つ 全教の緊急電話相談
不況でも削れぬ…中学生の塾代最高 年間18万7千円
医師確保のため大学院の学費を助成へ 奈良・吉野町
格差も“世襲” 富裕層は高い教育や人脈引き継ぐ
「お金なくても学校行きたい」高校生らがパレード
20年後、日本はありますか?

小沢氏進退「自身で判断を」=前原氏(時事通信)
東京・浜離宮恩賜庭園の菜の花が満開(産経新聞)
<東京モノレール>レールの下に人 上下線全線運転見合わせ(毎日新聞)
「のぞみ」異臭・白煙1時間…床下で大きな音(読売新聞)
【こども】性同一性障害、正確な実態不明 負担軽減…先生がカギ(産経新聞)

<JAYWALK>アルバム回収へ ボーカル逮捕で(毎日新聞)

 人気バンド「JAYWALK」のボーカリスト、中村耕一容疑者(59)が覚せい剤取締法違反容疑で現行犯逮捕されたことを受け、レコード会社と所属事務所社長が9日、東京都内で会見した。「ワーナーミュージック・ジャパン」の吉田敬社長は、グループとの契約を解除する方針を表明。ミリオンヒットとなった同グループ参加のアルバム「R35 Sweet J−Ballads」を含む07〜10年発売の8商品は店頭から回収し、今後予定していた商品発売は中止する。

 所属事務所「フリーウェイ」は5月からのツアー中止を発表。知久悟司社長は「現時点で解散予定はなく、更生を何年でも待ちたい」と話した。

【関連ニュース
覚せい剤所持容疑:「JAYWALK」のボーカリスト逮捕
第35回 JAYWALK 「もう一度…」

<自民>問われる真価 「政治とカネ」攻防、参院へ(毎日新聞)
あかつき、5月18日打ち上げ=金星探査機、H2Aで−宇宙機構(時事通信)
パチンコ景品営業車、駐車中に400万消える(読売新聞)
<5歳児餓死>「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述(毎日新聞)
新幹線「のぞみ」白煙、歯車箱内側から破損か 全632車両を緊急検査(産経新聞)

最大波発表値の1.5倍 チリ大地震津波(河北新報)

 仙台管区気象台は5日、東北地方の太平洋側へ2月28日に到達したチリ大地震津波の最大波の高さが推定で、陸前高田市で1.9メートルなど三陸沿岸で1〜2メートルに達したと発表した。津波来襲時に発表された検潮所の観測値に比べ、1.5倍以上の高さ。気象台は「局地的に津波が大きくなったとみられ、十分な警戒が必要だったことを示している」と指摘した。

 津波の高さが最も高かったのは陸前高田市両替漁港の1.9メートル。このほか、気仙沼市魚市場が1.8メートル、岩手県大槌町大槌漁港が1.3メートル、宮城県女川町女川浜が1.2メートルなどだった。

 仙台管区、盛岡地方の両気象台が1、2の両日に久慈、陸前高田、気仙沼、石巻、岩手県大槌、宮城県南三陸、女川の4市3町を現地調査した。建物がぬれた跡や漂流物の打ち上げられた範囲から、海面が最も高くなった位置を特定。周辺で最大波を観測した時刻の本来の潮位との差から、津波の高さを推定した。

 気象庁は東北地方の主要港の21地点で潮位を常時観測し、津波の到達状況の速報や公式発表に用いている。今回、気象庁が公式に発表している東北の最大波は久慈の1.2メートルで、仙台港の1.1メートルが次いだ。

 気象台の川原田義春地震火山課長は「津波は沿岸の地形によっては急に高くなり、観測点の近くでも2〜3倍の高さになる可能性のあることは従来から指摘してきた」と強調。両替漁港は広田湾、気仙沼市魚市場は気仙沼湾の奥に位置するため、調査結果は想定の範囲内だという。

 気象庁の観測を上回る津波は、岩手県山田町や宮城県南三陸町が独自に設けた潮位計でも観測され、気象庁の観測網の限界も指摘される。川原田課長は「自治体のデータ活用は今後の課題と考えている」と述べた。


相次ぐ児童虐待、昨年は最多の335件(読売新聞)
<自民>問われる真価 「政治とカネ」攻防、参院へ(毎日新聞)
船形山遭難 3日早朝に「みんな元気」 不明者から電話(毎日新聞)
福祉医療機構の中期目標・計画改正案など了承(医療介護CBニュース)
<鳩山首相>「小沢氏と説明責任で合意」予算審議で明かす(毎日新聞)

<洲本市長選>竹内氏初当選 民主推薦候補またも破れる(毎日新聞)

 洲本市長選(兵庫県)は7日投開票され、前市議会副議長の竹内通弘氏(64)が前市議の氏田年行氏(41)▽税理士事務所職員の浜野隆氏(46)▽旧五色町長の砂尾治氏(67)▽会社社長の生田進三氏(47)を破り、初当選した。投票率は61.33%。

 確定得票数次の通り。

当6867 竹内 通弘=無新<1>

 6170 砂尾  治=無新

 5753 氏田 年行=無新

 4771 生田 進三=無新[民]

  731 浜野  隆=無新

老舗キャバレー「ロンドン」摘発 店内で売春容疑(産経新聞)
設備投資、17.3%減=10〜12月期の法人企業統計−財務省(時事通信)
大阪のスキーヤー、遺体で発見=岐阜(時事通信)
<年金保険料>救済効果1710万人 納付さかのぼり(毎日新聞)
<のぞみトラブル>オイル漏れ感知せず(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。